住宅ローン借り換えについての金利交渉

住宅ローンに関する情報

  • 住宅ローン借り換えにおける注意点
  • 住宅ローンの借り換えにおけるメリットとデメリット
  • 住宅ローンの借り換えにおける条件
  • 住宅ローンの借り換えについての相談
  • 住宅ローンの借り換えにおける固定金利について
  • 住宅ローンの借り換え比較
  • 借り換えをした時の住宅ローン控除は?
  • 住宅ローンの借り換えをする時の必要書類
  • 住宅ローンの借り換えをする事で金利差はどれぐらい?
  • 住宅ローン借り換えについての金利交渉
  • 住宅ローンの借り換えランキング
  • リフォームをした場合の住宅ローンの借り換えについて
  • 住宅ローンの借り換えシミュレーション
  • 住宅ローンの金利交渉をするなら、借り換えをもちかける!

    住宅ローンの固定金利特約の満了日が近づいてきたときに、更新する金利を事前に確認することが重要です。以前より高い金利が提示され、不満がある場合、金利交渉をするのも一つの手段です、金利交渉の手段としては、他行への借り換えを持ちかける事です。実際、口だけでなく、他行へ借り換えシミュレーションを依頼し、どのくらいの金利を提示されるかを確認します。その結果を既存の金融機関に提示しながら、金利交渉を進めると、最初の提示金利より低くしてもらえるケースがあるのです。

    住宅ローンの借り換えで大事な金利交渉

    住宅ローンの借り換えを検討した際に金利交渉をしました。借り入れる銀行をかえても、金利によってはマイナスになってしまう可能性があったためです。借り換えには、諸費用が借り換え金額の約一割程度必要だったため、借り換えをすることによって、この諸費用を払っても得になるように金利交渉をして低金利で借り換えをすることができました。金利交渉をするのとしないのとでは全然違います。交渉をした事で、住宅ローンの残債が減りました。